くつろぎ小屋 ドアとガラス戸の建付け

無垢の二枚引き戸の建付け 外扉をサッシとし内扉を無垢板に
二重にすることで断熱防音そしてムード作りも大切

本日はやまんば大工女子の日 生徒さんには電気のこの指導中

昭和レトロの引き戸をサッシの内窓に建付け
汚いサッシも隠れて室内はアンティークムードいっぱい

くつろぎ小屋 鴨居製作

ルーターを使用しての鴨居製作
ルーターは少しづつしか切り込みを入れることができずかなり手こずった
おまけにすごい粉塵、やはり溝切カンナに限る
でもね、敷居と鴨居なんてほとんど使わなくなったね、、、日本建築に於いては建具が一番なのに。
なんて風情がなくなったのだろう。。。
これからは古いものを壊さず保存する時代だよー大切にしようね!

くつろぎ小屋 天井貼り

断熱材を入れ込んで天井を貼り込む

毎年二月の一週間は両親のお墓参り
今年も子供家族や従妹と楽しく幸せなひと時を過ごしてきた
有り難いことに独りで暮らしていて寂しいと思うことはほぼない日々だが、
身内家族との時間から離れるときはやはり寂しいものだと感じる自分がいる
子供の生活環を見るたび自己を振り返り幸せであることを神占める感情でいっぱいになる
幸せとはこういうものであると思うとともに子供たちに感謝せずにはいられない
切り替え、再度やまんば大工に集中!

石窯作り完成

メジボンド施工
ハイフレックスを全体に塗り乾いてからメジボンド下地を五ミリほどの厚みで仕上げ一日置く

タイルデザイン
上地メジボンド五ミリが乾かないうちに自分の好きなタイルでデザインする

外装用イナメジセメント
全体に塗り込んでから8割方乾いたらスポンジで拭き上げる

これにて石窯作りの完成!!

今回耐火レンガは奥田さん、耐火セメントは大野さん、タイルはジョンさんの繋がりで寄付ご協力いただきました。
沢山の素敵な人たちが集いやまんば庵の空間も築かれています。
心より感謝いたします。
あとは、ピザやパンが上手く焼けるかどうか?

追記 石窯の構造は単純なものでありますが蓄熱できることが一番大切な課題です。今回キャスター代わりに田んぼ土と籾殻を壁面に利用しています。

真菰マット

まこもマット めちゃくちゃいい香りがします

まこもって何??
調べてみると。。。真菰(マコモ)

イネ科マコモ属の多年草です。
マコモは水質浄化や環境浄化に優れたものとしても注目を集めるようになった「マコモ」。
「マコモ」は、その成分に、基準値を大きく上回った量のビタミンA・C・Eや、お米の2倍以上ものたんぱく質、食物繊維やミネラル、カルシウム、鉄分などを含有し、体内に蓄積した有害金属を排出するケイ素(珪素)、さらに活性酸素を抑制する働きのあるSODという酵素を含む、栄養素の分野においても大注目のパワーフード(超健康食品)です
聖なるスピリチュアルな植物とも言えます。というのも・・・・・
マコモに多く含まれるケイ素は第三の目とも言われる間脳の中の松果体(この小さな器官にはケイ素がたくさん含まれています)の活性化にも重要です。
そして、マコモは、日本最古の書物「古事記」や「日本書紀」「万葉集」にも記載され、日本の神社で神事に利用されてきたのです。日本で最も古く大きな神社の一つである出雲大社で、毎年6月1日に「真菰祭り」という行事も行われています。

やまんばの繋がりでまこもとのご縁あり何かできることはないかと探しているうちに
食べることはもちろんなのですが工芸品に利用できたらと、こんなマットを作ってみました。浄化作用で安眠できそうです。それだけでなくヨガマットにも使えそう。
もう少し上手く真菰の葉が扱えるようになれば編むことも可能かとちょっとだけガサガサしたフチの部分が手にひっかかりますが円座など作れたら素敵ですね。
いつかきっと!

石窯作り

廃材耐火レンガをご提供いただいて石窯を作ることになりました。
窯と言えば長いこと陶芸で関わってきたものなので小型の窯を作る感覚でやってみましたが
やまんば庵らしい企画でもあることだしできるなら仲間を集めてと
コツコツ楽しみながらはじまりました
そしたらここに居合わせた人同士にも特別な仲間意識が芽生え
自分たちで分担作業の回し方も考え
なーにも言わないうちにどんどん組み上げしてまって
やってみたらそんなもんなんですよね
結局窯に衣装も着せたいということに、みんなのご意見で
タイルデザイン装飾までやることになりました
この部門はやまんば庵ならではの施工なのできっとためになると思いますよ~


土台完成

仲間同士分担作業で製作

レンガむき出し凸凹これで使用は可能ですけど・・・

凸凹をまーるくすればレンガ施工も簡単