石窯作り

廃材耐火レンガをご提供いただいて石窯を作ることになりました。
窯と言えば長いこと陶芸で関わってきたものなので小型の窯を作る感覚でやってみましたが
やまんば庵らしい企画でもあることだしできるなら仲間を集めてと
コツコツ楽しみながらはじまりました
そしたらここに居合わせた人同士にも特別な仲間意識が芽生え
自分たちで分担作業の回し方も考え
なーにも言わないうちにどんどん組み上げしてまって
やってみたらそんなもんなんですよね
結局窯に衣装も着せたいということに、みんなのご意見で
タイルデザイン装飾までやることになりました
この部門はやまんば庵ならではの施工なのできっとためになると思いますよ~


土台完成

仲間同士分担作業で製作

レンガむき出し凸凹これで使用は可能ですけど・・・

凸凹をまーるくすればレンガ施工も簡単

増改築ステージ 3

2015年の夏 増改築に三か月かかりました
ずーーーっと前からイメージしていたここのスペースはドーム半円型空間と円形テーブル
とはいうものの材料費が出ないのであちこちから素材を集めて・・・
柱は近所のお寺さんで間伐した杉10本 といらなくなった厚板の廃材
サッシ類はヤフオクで落としたものばかり六枚でなんと5000円! 大阪の友達に受け取りに行ってもらい息子が遊びに来るときに九州まで運んでもらい と 安くするには周りの協力も大切だ。二重サッシの半間タイプになると一人では持ちきれないほどの重量で、そんなときにはヘルプコールして、枠に設置するだけで二人の男性が駆け付けてくれ感謝。
とにかく金かけずに手間暇かけるやまんば方式 けどそれも自分の想像の世界が膨らまないと体が動かない集中して一気に作り上げるときこそ眠れなくなるほどワクワクすることが第一なのだ

癒しの旅

小国リトルカントリーホームへ

プライベートでプチ休暇してきました。

ご夫婦で整地から建築、B&Bに至るまで全てのことを成され30年近くになるそうです。やはり都会から越されゼロから開拓したところ廃材利用など共通する部分多く私の刺激ともなった貴重な一日。福岡の猛暑から離れられると思ったのにこちらでも格別な暑さとのことでした。いろいろお話したかったのに。。。暑さで頭も体も動きません。また是非訪ねたいところです。

増改築ステージ 2

大正浪漫空間としての掃き出し窓から新たなる改築へ


扁平だった二間窓を外側へちょこっと増設
もちろんちょこっとでも基礎から作らないとということでブロック基礎
たった1.5坪の増築でもかなりの時間と手間暇だらけ
こんなことならはじめからすべきだったのに、いつも面倒なことを繰り返す
コダワリとはそういうものだからね 気になったら一気にやり遂げなけりゃ

増改築ステージ

やまんば庵がオープンして二年後、最後の増改築ステージを造る

改築工事を始めて約七年越し、全てが終わるには9年の月日が流れていた
今まで記録として残した写真は千枚以上 facebookにも残してきたが自動的に消去されていくのでブログをつくり記録として残したいと思う
一度の人生ここまで熱入れて製作したものはない そして
1人ですることはそろそろ終わりにしたい・・・
これからは作り続けてきたものを如何に生かしていくか
頭を切り替えて 物を持たない シンプルな生活を 目指して